漢方薬の味や飲み方

漢方を飲んだことがない方からすれば、味の想像もつかないはず。ここでは具体的にどのような味がするのか?についてご紹介します。

漢方はどんな味?

漢方は体に良いことはわかっているものの、苦くて飲みにくいものというイメージがありますよね。確かに苦い漢方薬がほとんどです。

ただ、絶対に飲めないほど苦いのかというと、個人差が大きいといえるでしょう。かなり苦いと聞いていたものの、実際に飲んでみたところ何ともなかったという方もいるのです。

また、漢方薬のすべてがとにかく苦いわけではなく、あまり苦くないものもあります。例えば、小健中湯(しょうけんちゅうとう)という漢方薬はどちらかというと甘みを強く感じることもあり、甘くて苦手…という方もいるほどです。

他にも酸っぱいものや辛いものなど一口に漢方薬といっても味の種類は様々です。漢方薬は五味があります。甘み、酸味、苦み、辛味、かん味(塩辛さ)があるので、自分の味の好みに合わせて向いているものを探しましょう。

おいしいと思える漢方薬もある

漢方薬の味をどう感じるか?という点については個人差が大きいです。同じ漢方薬を飲んだとしても「苦すぎてこんなの飲めるわけない!」と感じる方もいれば、「飲みやすい」と感じる方もいます。

これは苦味成分が得意かどうか?というよりもその漢方薬と相性が良いか悪いか?が大きく関係しているのです。実は漢方薬は自分の体に合ったものや体質に合ったものを選べばおいしく感じると言われています。

漢方薬は体質改善効果も大きいとされていますが同じ漢方薬を取り続けて体質が改善したところ、急にまずいと感じるようになることもあるのだとか。あまりにもまずくて飲めない…と感じる漢方薬は今現在自分の体が求めていない成分なのかもしれません。

苦いことで有名な漢方薬は?

漢方薬は様々な生薬を組み合わせて作られているのですが、苦い生薬を使って作られている漢方薬はどうしても苦味が強いです。

飲みにくい漢方薬として代表的ともいえるのが黄連解毒湯(おうれんげどくとう)だといえるでしょう。

二日酔いや胃炎、皮膚炎、鼻血、高血圧の改善に活用される漢方薬です。黄連(おうれん)と黄柏(おうばく)といった生薬が含まれているのですが、これら2つがとても苦いため、組み合わせて作る漢方薬も苦いものになってしまいます。

ですが、苦味の力によって体の余分な熱を冷ます漢方薬なので、この漢方薬にとって苦味成分はなくてはならないものだといえるでしょう。

漢方薬の飲み方は?

漢方薬というと粉末や粒剤をイメージする方が多いのではないでしょうか。ですが、他にも様々な種類があるのです。

粉末

散剤と呼ばれます。これは生薬を粉末にしたもののことで、熱に弱い成分や水で抽出されない成分を摂取するのに適している方法だといえるでしょう。

煎じ薬

生薬と水を入れて加熱して煎じる方法です。「○○湯」などの名前がつく漢方薬が該当します。

丸剤

粉末の生薬に蜂蜜などを加えて丸めたものです。

エキス剤

漢方薬は苦くて飲みにくいと悩んでいる方におすすめ。漢方薬を抽出し、それをスプレードライすることによって顆粒や錠剤に加工します。

煎じ薬とは違って煮出す必要もないので携帯しやすいのも魅力ですね。ただ、煎じ薬に比べると効果は弱まります。普段家では本格的に煎じ薬を取り入れているけれど、出張中などの理由でそれが難しい場合もエキス剤ならば取り入れやすいでしょう。

最適な漢方薬を探すには?

あまりにも味の好みが合わない漢方薬は長続きしません。そのため、自分に合ったものを医師や薬剤師に相談した上で探してもらいましょう。

漢方薬局で相談をするのがおすすめ。こちらも参考にしてみてくださいね。

以上の通り漢方では、西洋医学では病気と判断されず治療のしようがない未病に対しても、蓄積されたノウハウによって身体全体を整えるという観点からの改善が期待できるのです。これは漢方ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

【基礎知識】漢方のイロハ