まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 【基礎知識】漢方のイロハ » 漢方と未病

漢方と未病

このページでは、漢方への注目度の高まりとともに関心が高まっている未病について紹介し、漢方との関係性について解説していきたいと思います。

漢方とともに注目度の高まっている未病とは

未病という文字面だけを見ると、病気がなく健康に問題がない状態と思ってしまう方もいるかもしれませんが、それは誤りです。むしろその逆。未病とは、まだ病気にはなっていないけれど病気になる兆候がある状態のこと。そうした意味では、まさに読んで字のごとくなのです。

例えば、身体の冷えや頭痛・めまい、身体のだるさや疲れやすさ、不眠といった具合に、何かしらの不調を感じて病院で検査を受けてみた。しかし結果は何の異常もなく、病名がつくこともなかった。これこそがまさに未病の状態です。繰り返しになりますが、病気にはなっていないけれど病気になる兆候がある状態のこと。そして漢方では、こうした未病を大きな病に進行する前に改善することも重要な役割とされているのです。

ちなみに未病という言葉は中医学の最古の医学書である『黄帝内経(こうていだいけい)』にも記載されており、良い医者は未病を治せてこそという意味の記述も見られるとのこと。はるか昔の時代から、病気になる前に体のバランスを整えることが、病気の予防で重要と考えられていたことが推察できます。

では、なぜ漢方は未病の改善を得意としているのでしょうか。端的にいえば、漢方とは、患者一人ひとりの体質や生活環境、生活習慣などを多角的に考えて生薬を調合するというもの。言わば、オーダメイドの一点ものというわけです。また西洋薬が病気の症状をピンポイントで改善するのに重きを置いているのに対し、漢方は身体全体の調子を整えることを主眼としているからです。つまり、特定の病気と診断されていなくても、身体の調子を向上させるためのノウハウが、漢方という分野では蓄積されているのです。

より具体的には、どんな症状に悩んでいるのか、過去にどんな病気をしたか、現在アレルギーや持病はあるか、暑さ寒さを感じやすいか、疲れやすいか、睡眠時間や生活習慣はどうか、食べ物の嗜好はどうか、精神的に悩みやすいかなどを詳しくヒアリングした上で、その人に一番合っていると思われる薬を調合してくれるのです。例えば同じ不眠に悩んでいる人でも、調合される薬は個人によって異なるのです。

以上の通り漢方では、西洋医学では病気と判断されず治療のしようがない未病に対しても、蓄積されたノウハウによって身体全体を整えるという観点からの改善が期待できるのです。これは漢方ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

 
ページの先頭へ
まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド