まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 【あれこれありまっせ】漢方の体験談集~大阪から » 更年期障害

更年期障害

このページでは、大阪で更年期障害の諸症状改善を目的として漢方薬局を利用した方々の声を、体験談としてとりまとめてご紹介していきたいと思います。

漢方で改善、更年期障害>>

大阪の漢方薬局体験談から更年期障害のケースをピックアップ

更年期障害とは、閉経を迎えた女性が女性ホルモンのエストロゲンが低下することによって起こる、心身の不調の総称です。例として、ほてりやのぼせ、頭痛や肩こり、不眠、動悸、精神的なイライラや抑うつなどの症状が挙げられます。多分に、精神的な要因も大きく関わるとされており、そうした面でも漢方での治療には大きな可能性が期待できます。実際の事例を見てみましょう。

手のしびれや関節痛が改善されました

更年期イライラ「閉経してから2年ほど経った頃、朝起きるたびに両手の指がこわばって握れないということが起きるようになりました。ほどなくして手のしびれや関節に痛みも感じるようになったため、整形外科を受診してみましたが、リウマチ反応はなしとの診断。しかし、痛みや不快感がどうにもならず、なんとかしたいと思って漢方薬局に相談してみることにしました。すると、更年期となり女性ホルモンが減少したことで、血液不足や気の流れが悪化し、その結果として筋や関節がこわばっているとのこと。それに合わせた漢方薬を処方してもらい、関節の痛みはかなり少なくなりました。しびれも半分くらいになり、もう少し続けてみようと思っています」

(幸栄堂漢方薬局 新大阪店)

更年期のせいで冷え症になり卵巣が痛むように

「若いころから子宮内膜症による卵巣脳腫があり、病院で定期的に経過観察をしてきています。そうしたなか45歳を過ぎた頃から、元々は暑がりだった体質が一転して冷え性となってしまいました。そしてその影響が弱い卵巣に来てしまったらしく、寒い季節になると痛みを感じるようになってしまいました。病院では、今までと何も変わっていないとの診断で、何もしてもらえませんでした。しかし、感じる痛みは日常生活に支障が出るほど。そこで、漢方を試してみることにしました。これまでの病歴や体質なども詳しく聞いてもらって、薬を処方してもらいました。すると、痛みは嘘のようになくなりました。加えて肌の調子もよくなったと感じられています。本当にありがたいです」

(大阪府・廣田漢方堂薬局)

更年期の手足のほてり、冷たい床に手足を押し付けるほどに・・・

更年期ラクラク「50歳を過ぎた頃から、友人と会話をしていると急に顔がほてったり寝るときに手足がほてって、冷たい床に手足を押し付けないと寝られないことが起きるようになってしまいました。病院に相談してみると、更年期が原因とのことで漢方での治療を勧められました。薬局ではホルモンバランスの不調が大きな原因と言われ、それを整える薬を処方されました。おかげさまで3ヶ月ほどで症状は改善されました

(大阪府・福田漢方薬局)

異常な発汗は体のバランス乱れ

「周りの同世代の方と出かけたり行動を共にしている時、自分だけが暑く感じているのか、汗が常に頭のほうからダラダラと流れてきていました。すごく恥ずかしい気持ちでした。冷たい物で首を冷やしたり、ハンカチが欠かせなかったんです。漢方とめぐり合ってからは楽になって汗もだいぶ治まってきています。自分はただの暑がりだと思っていましたが、体のバランスの乱れからくるものだと教えていただきました。ありがとうございました」

(大阪府・スター漢方 上本町店)

 

 
ページの先頭へ
まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド