まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

大阪から厳選の漢方薬局ガイド~まいどおおきに健やかライフ~

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 【どんなお悩み?】漢方薬の効能を知るべし » 胃の不調

胃の不調

西洋医療から見た胃の不調の考え方

胃のむかつきや膨満感といった胃の不調を起こすおもな原因には、次のようなものが挙げられます。

  • 食べ過ぎ、飲みすぎ
  • 辛いものなど、刺激物のとりすぎ
  • タバコの吸いすぎ
  • ストレス
  • 睡眠不足

上記のような生活習慣に起因する不調であれば、原因を取り除くことで次第に症状は改善してきます。ただし、こうした心当たりがないにも関わらず症状が続くときや、痛みや激しい胸やけといった強い症状を感じる時は、胃や食道に何らかの病変を生じている可能性も。

治療の方法

胃の不調の原因が何らかの病気である場合は、その病気の治療を行います。病気ではなく、生活習慣による不調である場合は、「消化のよいものをよく噛んで食べる」「香辛料やアルコールを控える」など、生活を整えることで症状を改善していきます。症状が強い時やなかなか治まらない時は、消化を促進したり、胃粘膜を保護したりする薬を併用することも。

漢方医療から見た胃の不調の考え方

東洋医学では、身体の健康は「気・血・水」の3つの柱のバランスによって成り立っていると考えられています。このうち、胃の不調と関係が深いのが、見えない生命エネルギーを表す「気」と、身体の潤い・水分を表す「水」。気が不足していたり、水のバランスが崩れて胃に水分が溜まったりすると、胃のはたらきが低下して不調を生じてしまうのです。

治療の方法

診察では、問診のほかに脈や舌の状態などの観察を行って不調の原因を見極め、その結果に基づいて治療に使う薬の種類を決めていきます。胃の血行を良くしたり、滞った水分を排出させたりすることはもちろん、時には不調の影に隠れている冷えやストレスの改善にアプローチすることも。

胃の不調に使われる漢方薬

六君子湯(りっくんしとう)

体力が中等度以下で、疲れやすく、みぞおちにつかえ感のある人に適しています。「病院では異常がないと言われたが、ずっと胃の不調が改善しない」といった、慢性的な胃腸虚弱の改善にも用いられます。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

体力が中等度で、吐き気やみぞおちのつかえ感があり、お腹を下しやすい人に適しています。特に、ストレスが原因で起きた胃の不調の改善に効果的です。

胃苓湯(いれいとう)

体力が中等度で、お腹を下しやすく、口の中が乾く人に向いている薬です。「動くと胃のあたりからチャプチャプ音がする」「冷たいものを食べるとお腹の調子が悪くなる」という人に。

大阪版おすすめの漢方薬局5選はこちら
 
ページの先頭へ
大阪から厳選の漢方薬局ガイド~まいどおおきに健やかライフ~