まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 【どんなお悩み?】漢方薬の効能を知るべし » 男性の不妊症

男性の不妊症

ここでは漢方への期待度が高い不妊症の改善でも、その効果が注目されている男性不妊への効能について、とりまとめてご紹介していきたいと思います。

男性の不妊も漢方で>>

男性不妊症へも期待がもてる漢方の効能

かねてより、不妊は女性側に原因があると考えられがちでした。しかし、世界保健機関WHOの調査によれば、必ずしもそう言い切れない現実が見えています。具体的な数字は次の通り。

  • 男性のみに原因:約25%
  • 女性のみに原因:約40%
  • 男女両方に原因:約25%
  • 原因不明:約10%

いかがでしょうか?男性のみと男女両方を合わせると、実に不妊の約半数は男性にも原因があるのです。このことからも、不妊は夫婦が力を合わせて共に解決すべき問題であることが、お分かりいただけるのではないでしょうか。

男性の不妊で問診というのも実は不妊の改善を目的に漢方薬局を訪れ、カウンセリングを受ける男性の割合というものが極端に低い現実があるのです。ある漢方薬局によれば、男性のみで訪れるケースはほぼ皆無、夫婦揃っても1割程度、実に9割が女性のみで来店するのだそうです。

これは、前述の不妊の原因は女性側という先入観に加え、男性の自尊心が邪魔をしているものと推測されます。

より具体的に言ってしまえば、不妊治療の過程において病院で検査を受け、精子の運動や量に問題は無かったので自分には原因はない、と思い込んでいるケースが実に多いのだとか。

実はここにも盲点が。精子の運動や量も大切ですが、より重要視しなければならないのが質

そもそも、女性にとって精子とは異物であり、質が悪いと女性の側で排除しようとしてしまうのです。つまりは夫婦揃って身体を整え、相性がよくなるよう調整すべきだというのが、漢方の不妊対策なのです。

もちろん、精子の運動や量に問題があるケースでも漢方による改善が期待できます。

ではより詳しく、漢方で行われる男性向け不妊治療について見ていきましょう。

男性の場合においても、血液検査やカウンセリングなどを通じ、体力の低下などが原因で精子に問題が生じているのか、あるいはストレスなど精神的な要因なのかといった点を突き詰めていきます。

もちろん、女性の場合と同じく、一人ひとりの状態に合わせたものが調合されます。

なお、男性の不妊に用いられる漢方の代表的なものは以下の通りです。

●疲れやすく腰下肢がだるい男性向け

・附子 ・地黄 ・山茱萸 ・山薬 など

●食欲不振で疲れやすい男性向け

・人参 ・黄耆 ・白朮 ・大棗 ・甘草など

●精神疲労やストレスなどを伴う男性向け

・柴胡 ・桂皮 ・竜骨 ・牡蛎 など

●足腰の脱力感を伴う性欲減退

・鹿茸 ・人参 ・牛黄 ・山薬 など

なお、これらはあくまで参考のための一例です。

繰り返しになりますが漢方とは一人ひとり、血液検査や食生活などの生活習慣に関するヒアリングやカウンセリング、食生活や生活習慣の改善までトータルに見据えて行うものです。決して安直に、これを飲めばいいなどとは思わないでください。

 
ページの先頭へ
まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド