まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 【どんなお悩み?】漢方薬の効能を知るべし » 冷え性ってなに?

冷え性ってなに?

低体温と冷え性の違い

そもそも冷え性というのは、体温が低くい方ほど起こりやすいというものではありません。

例えば平均体温が36.0℃以下の人は低体温と呼ばれる部類に入りますが、その中の全ての人が冷え性であるということはありません。

冷え性というのは、体温が36.0℃だろうが37.0℃だろうが症状が出る人は出る症状なのです。

冷え性というのは低体温と全くの別物なのです。

そのことから低体温=冷え性という結びつきはありません。

基礎体温が高くても冷え性になる可能性は十分あるのです。

冷え性という症状

冷え性が低体温ではないということを理解してもらったところで、冷え性はどんな症状なのかを説明していきましょう。

冷え性とは主に手足の末端の慢性的な冷え・痛みまたは、下半身全体の冷えなどが挙げられます。

手足や下半身の冷えが続くと痛みや不眠、体調不良などを引き起こします。

さらに冷え性と自覚症状がない隠れ冷え性というものもあります。

症状として、低血圧・貧血・頻尿・便秘・内蔵疾患という類のものがあり、これらの症状で困っている人は内臓の冷え性が引き起こしているものの可能性もあります。

冷え性の原因

血行不良

冷え性引き起こす原因は体内の血行不良。

体は常に血液を循環させて、酸素と栄養を送っているので血行不良になってしまうと体は正常に機能しなってしまいます。

とくに冷え性が手足に出やすい理由は、血液を送るポンプの役割をしている心臓に一番遠い位置にあり、血液が届ききっていないのが原因です。

届かない理由として以下のことが考えられます

  • 冷房や冷たい飲み物で体を冷やしてしまっている
  • 偏った食生活をしている
  • 長時間同じ体勢で生活している(エコノミークラス症候群)
  • 運動不足
  • 内臓疾患

以上のことが原因として考えられます。

最後にあげた内臓疾患というのは、血管の動脈硬化や心臓の異常などの重篤な疾患の場合もあります。

この2つが引き起こると血管がつまり血液が流れにくくなり、やがて脳卒中や心筋梗塞といった命に関わる病気へとつながるのです。

そのことから冷え性と言えども侮れない症状なのです。

自律神経乱れ

結論から言えば自律神経の乱れも血行不足なのですが、なぜ自律神経が血行不足を引き起こすのか説明していきましょう。

自律神経の役割というのが、内臓や血管という体の大事な部分をコントロールしているものです。

そのことから自律神経は冷え性という、血管と内臓の異常からから発症する症状には大きな関係があるのです。

自律神経が乱れてしまうと当然、血管と心臓の動きをコントロールしきれなくなり、血液循環が悪くなります。

また胃や腸なども血液循環が悪くなるわけですから、正常に機能しなくなり便秘などの原因にもなります。

これが結果的に、冷え性という症状で体に現れてしまうのです。

自立神経が乱れる原因として考えられる原因の大半は、他ならぬストレス。

現代は、昔と違い社会に出て働く女性は桁違いに増えているので、その影響を受けてストレスを感じる女性が増えているのです。

それがけ結果的に冷え性の症状が出やすい女性に目立って見られ、全体的に冷え性の人を増やしてしまう結果になっています

冷え性は今や現代病と言っても過言ではないほど、悩んでいる人が増えているのです。

冷え性の改善に有効な漢方の効果とは?

冷え性を改善するのには足をあっためることや運動などもあげられますが、それはとりあえず置いておいて、根本の体内から改善を促さなくてはなりません。

そこで冷え性を改善するのに有効なのが漢方。

ここからはその効果がある漢方と冷え性への相性について話していきたいと思います。

漢方名:当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は手足の冷え・下半身の冷え・腹痛・月経痛に有効とされている漢方です。

配合されている漢方は以下の通りです。
・当帰
セリ科の植物で体を温める作用と鎮痛・鎮静・強壮効果があります。

・桂皮     
クスノキ科の植物で皆さんもご存知のいわゆるシナモンです。

体を温める効果と解熱・鎮痛・整腸という効果もあります。

・芍薬
ボタン科の植物で筋肉に対して鎮痛・鎮痙・血管を引き締める効果があります。

・木通
アケビ科の植物で利尿作用・毒素を体外に排出する効果があります。

・細辛
ウマノスズクサ科も植物で鎮痛と体を温めながら熱を下げるという効果があります。

・甘草
マメ科の植物で体の緊張を和らげる効果をはじめ、鎮痛・鎮痙・解毒・鎮咳という効果があります。

・呉茱萸
ミカン科の植物で体内を温める効果があります。

・大棗
クロウメモドキ科の植物で体を温め、体の緊張を和らげ消化管の回復効果があります。

・生姜
日常的に料理にも使われる生姜を乾燥させたものです。
発汗効果・食欲増進・胃腸を整える効果があります。

以上のものが配合された漢方薬が「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」です。

体を体内から温めるということを中心に考えられた漢方なので、冷え性にはとても有効なのです。

参考文献

漢方と並行して行いたいこと

食生活を整える

体調を整えるには食生活を整えることが重要です。

とくに女性はダイエットを意識しすぎて食事の量を減らしたり、炭水化物を抜き続けるなど無理をしている人が多いので、そのような食生活を続けていると自律神経が乱れて冷え性を引き起こす原因になります。

逆に暴飲暴食、野菜や果物、動物性タンパク質をとらないなど栄養バランスの崩れた食事を取っているとこちらも自律神経が崩れます。

そのことから野菜や果物を中心に、様々なものをバランスよく取り込むことが大事になります。

適度な運動

適度に運動をすることも冷え性を予防するのには大切なことです。

運動をしないと、体内が活性化されないので血の巡りが悪くなります。

逆に運動をすると、体内に酸素を取り込みやすくなり、血管内の血の巡りも良くなります。

さらに体を温める効果もあります。

ハードなマラソンをしてほしいという訳ではなく、町内を一周する(1〜2㌖程度)といったことや移動中にエレベーターを使わないなど軽い運動でいいので、とにかく体を動かすことを心がけましょう。

シャワーだけ入浴をやめる

近年、お風呂をシャワーだけで済ませてしまう人が非常に多い気がします。

シャワーだけでも体の汚れは落ちるので良いのですが、冷え性に対してはそうではありません。

シャワーだけだと皮膚にお湯をかけている状態なので体内までは温められません。

入浴後、体が冷え切ってしまう可能性もあります。

しかしシャワーだけ入浴をやめて湯船に浸かるようにすれば、体内全体を温めることができます。

体内が温まっていれば入浴後も湯冷めの心配はありません。

また新陳代謝も上がり、血の巡りも良くなります。

冷え性の方にとってはいかに血液を体内で循環させて、新陳代謝を良くしていくが重要になります。

 
ページの先頭へ
まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド