まいどおおきに健やかライフ~大阪から厳選の漢方薬局ガイド

大阪から厳選の漢方薬局ガイド~まいどおおきに健やかライフ~

基礎知識からお店選びまで、漢方お役立ち百科【大阪編】

大阪から厳選の漢方薬局 HOME » 漢方内科がある大阪のクリニック » ながしまクリニック

ながしまクリニック

地下鉄御堂筋線、阪急線梅田駅、JR大阪駅より徒歩8分、ながしまクリニック漢方内科はあえて自費治療になる鍼治療は行わず、保険診療による漢方治療を追究している医院です。

ながしまクリニックの漢方治療の特徴

西洋医学ではカバーできない体の不調を改善する

ながしまクリニックを訪れる患者の多くは、西洋医学では解決しなかった病に苦しんでいる人々です。なかには、西洋医学では病名がつかず検査では健康体だと言われながらも、体調不良に苦しみ悩みをぶつける人も多くいます。こうした患者に対して漢方の知恵により問題解決を図ってきました。漢方は、外科的な処置が必要な場合以外のあらゆる病に対応できる広がりを持っています。ながしまクリニックでは漢方が有効な場合と西洋医学が有効な場合、また西洋医学と漢方の併用が望ましい場合など、症状と患者の生活状態を見ながら提案していくクリニックです。

ながしまクリニックの特徴

漢方は費用が高いか?イメージをくつがえす保険生薬中心の処方

本格な漢方の煎じ薬を保険診療で。これがながしまクリニックのモットーです。煎じ薬は保険外の自由診療が多いために「漢方は費用が高い」イメージを持たれてきました。しかし、大切なのは継続。そこでながしまクリニックでは、生薬を中心に医療用漢方エキス製剤も使いながら保険診療で取り扱う工夫と努力を重ねてきました。悩み事の相談、食事の改善、睡眠や呼吸の仕方、働き方など生活習慣全体を見渡しながらアドバイスを行い簡単な身体の調整まで行っています。鍼医療に関しては自由医療になるので使用しないというこだわりを持った医療を提供しています。

漢方生薬を飲みやすくする工夫も

院長の永島知子氏の口癖は「この世のものとは思えないくらい苦いですよ」。そう言って渡した薬は実際に飲んでみたとき「それほどでもなかった」と応える人も多いようです。また、どうしても飲みきれない場合を考えて、初診では最大2週間分しか処方しないという患者フレンドリーの姿勢も好評です。生薬は苦いですが、少量でもよく効くのが大きな特徴といえます。不安そうな患者のためには1日分を2~3日分けて飲んでもらう場合もあります。また、小さなお子さんのためには麦芽糖を入れてあげることで飲みやすく、また便秘防止や栄養補給にもなるという一石二鳥の工夫もしています。

身体の状態をよくする操体法の講習会を開催

ながしまクリニックでは独自のユニークな活動として、故・橋本敬三氏が提唱した操体法の講習会を開催しています。操体法は体操のように派手な動きはありませんが、呼吸やバランスを整えていきながら体軸の歪みが治っていくと言われます。体のなかの楽な部分だけを動かして痛い方には動かさないのが大きな特徴。深呼吸をしながら楽な部分だけ動かすくり返しのなかで痛かった部分も動くようになっていくという実践的な治療方法です。ながしまクリニックの患者のなかにも五十肩が一回で治ってしまって驚いた人もいるそうです。部分的な対処療法にとどまらず全身の健康を追究していく、ながしまクリニックならではの取り組みと言えるでしょう。

ながしまクリニック医院情報

診療時間
10:00~14:00
※隔週
- -
15:30~19:00
※~18:00


※月曜日祝日のときのみ~18:00

- - - -
  • アクセス:大阪メトロ御堂筋線 「梅田」駅より徒歩約5分、「中津」駅より徒歩約3分/阪急線「梅田」駅「茶屋町出口」より徒歩約4分/J R「大阪駅」より徒歩約8分
  • 〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目9-19 イノイ第二ビル5F
  • 電話番号:06-6374-5556
大阪版おすすめの漢方薬局5選はこちら
 
ページの先頭へ
大阪から厳選の漢方薬局ガイド~まいどおおきに健やかライフ~